流鏑馬奉納 神事と諸役


流鏑馬 神事

流鏑馬奉納では、流鏑馬本儀の前に神事を執り行います。
その神事の紹介です。

流鏑馬行列

流鏑馬行列 流鏑馬行列 馬場にて


流鏑馬 神事の開始

流鏑馬奉納の前に神事が執り行われます。
降神の儀、祝詞奏上など。

流鏑馬 神事


願文奏上(がんもんそうじょう)


願文奏上 総奉行


玉串拝礼(たまぐしはいれい)

小笠原流礼法 宗家 小笠原敬承斎様
玉串拝礼 惣領家

小笠原流流鏑馬 宗家 源 長統
玉串拝礼 流鏑馬 宗家


神酒拝載式(しんしゅはいたいしき)

神酒拝戴式


弓渡しの儀(ゆみわたしのぎ)

弓渡しの儀 弓渡しの儀


切麻散米(きりぬささんまい)

切麻散米


天長地久式(てんちょうちきゅうしき)

天長地久式は、天下泰平、国家安泰、万民息災を祈る厳粛な儀式です。
この天長地久式では、鏑矢(かぶらや)を番(つが)えて、天空と大地を射るしぐさをします。

天長地久式 天長地久式

○鏑矢(かぶらや)
鏑矢(かぶらや)

素馳せり(すばせり)

素馳せり


揚扇の儀(ようせんのぎ)

馬場元にて的中を祈願し、扇を高く投げ上げ、流鏑馬開始の合図です。

揚扇の儀

流鏑馬奉納

流鏑馬奉納は、流鏑馬本義と騎射挟物が行われます。

流鏑馬本義では、三人の射手がそれぞれ3回づつヒノキの板を的として行われます。

流鏑馬本義 的:ヒノキの板
流鏑馬の的 ヒノキの板

騎射挟物は、流鏑馬の余興としてヒノキの板を扇の的に替え行われます。

騎射挟物 的:扇
流鏑馬の的 扇



神禄の授与(じんろくのじゅよ)

宮司より射技の優れた射手に対し、神の褒美として旗印を授かります。

神禄の授与


昇神の儀

昇神の儀



流鏑馬馬場と的


流鏑馬の馬場は、およそ250mあり、その間にある3ヶ所の的を射るものです。
馬場元(出発点)から 一ノ的、ニノ的、三ノ的があります。

流鏑馬 馬場


的には、板の的 と 扇の的の二種類あります。
板の的は、約40cmのヒノキの板で流鏑馬本義で使用されます。
また、裏面には細かく裁断された紙が仕組まれ、当り的では紙吹雪になります。
扇の的は、騎射挟物で使用されます。

的 扇の的



流鏑馬 諸役

流鏑馬奉納は、各諸役により進行されます。

総奉行および馬場奉行

総奉行は、馬場末に位置し、馬場奉行からの合図を受け開始を合図します。
馬場奉行は、馬場元に位置し、馬場の確認、各的の的替え終了を確認し、馬場末の総奉行に大きな扇で合図します。

馬場奉行


的奉行

的奉行は、一ノ的、二ノ的、三ノ的の各々に位置し、当たり矢の時、采配により「的中」の合図をします。
また的替終了など準備が揃った合図を行う役割です。

的奉行


馬回り役

馬回り役は、行列、神事など全般にわたって馬の世話をします。

馬回り役 馬回り役


検見役 および 日記役

検見役は、馬場の中央・ニノ的付近に位置し、的中(当たり矢)した時太鼓により知らせる役割です。
また、日記役はその的中を流鏑馬日記に記録する役割です。

検見役、日記役 流鏑馬 日記


的替役

的替役は、一ノ的、二ノ的、三ノ的の各々に位置し、的中した的を交換する役割です。
板の的は、的(板)の隅を竹に差込み、後ろをくさびにて固定します。

扇の的も同じ様に交換しますが、扇(要部分)の形状により固定するのは、なかなか難しいものです。
的替役も苦戦しており、迷カメラマンさんもお手伝い。。。。

的替役 的替役


矢取役 および 雑色役

矢取役、雑色役は、一ノ的、二ノ的、三ノ的の各々に位置します。

矢取役は、矢を拾い、矢羽根に付いた泥を落とし、矢受渡役に渡す役割です。
雑色役は、当たり的を集める役割です。

矢取役、雑色役 矢取役、雑色役


矢受渡役

矢受渡役は、一ノ的、二ノ的、三ノ的に各々位置し、矢取役から受取った矢を馬場元に戻します。

○流鏑馬で使用する矢
矢

射手三人分の矢3本を、まず三ノ的・矢受渡役から二ノ的・矢受渡役へ、ここで6本になります。
さらに二ノ的・矢受渡役(6本)から一ノ的・矢受渡役へ順に受渡され、計9本になり馬場元に矢が戻ります。
左の写真のとおり矢の先端は大きく、これを3本、6本、9本と束ねると持ちづらく、受渡しが難しくなります。
それでも矢受渡役は、きちんと役をこなしています。


矢受渡役 矢受渡役

矢受渡役 矢受渡役